清水寺が「電子おみくじ」=携帯でお守り撮影、サイトに接続



 「おみくじもIT(情報技術)でどうぞ」-。世界遺産に登録されている古刹(こさつ)、清水寺(京都市東山区)は、お守りをカメラ付き携帯電話で撮影し吉凶を占う「電子おみくじ」を17日から提供する。IT化の波はいよいよ伝統世界にも押し寄せてきた。
 清水に古くから伝わる「八福神」の絵が描かれたカード型のお守りは1枚1000円。絵の中に刷り込まれた目に見えない情報コードを携帯電話で読み取り、おみくじサイトにアクセス。1から9までの中で好きな数字を選び、運勢を占う。 
(2006.11.16/時事通信)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-16 15:53 | インターネット総合  

<< KDDI、国内初のデジタルラジ... ターボリナックス、パソコンソフ... >>