ソニーPS3の不具合、オンラインソフト更新で対応=平井SCEA社長



 ソニー<6758.T>は15日、新型ゲーム機「プレイステーション(PS)3」で発生した不具合について、オンラインソフトウエアのアップグレードで解決すると明らかにした。同機と互換性があるはずのPSとPS2用ゲームソフトの一部に適切に動作しないものがあることが判明していた。
 ソニー・コンピュータエンタテインメント・アメリカ(SCEA)の平井一夫社長兼最高経営責任者(CEO)は、ロイターに対し、8000種以上あるPS2のゲームがPS3上で作動するようになるとし、約200種のゲームで確認されている問題にはいわゆる「ファームウエア」のアップグレードで対処すると述べた。
 同プレジデント兼CEOは、インタビューで「完全な互換性を目指している。100%の互換性が目標だ」とし、「できる限り早く実現するよう努めている」と語った。
 PS3は米国では11月17日に発売される。
(2006.11.16/ロイター)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-16 11:32 | 周辺機器  

<< ターボリナックス、パソコンソフ... 任天堂「Wii」の上位機種、0... >>