アドウェイズ、動画共有サイト向け広告


 アフィリエイト(成果報酬型)広告仲介のアドウェイズは、動画共有サイト向けに広告映像を配信する。投稿作品の再生終了時などにCMを流す。閲覧者の増加で動画サイトの広告媒体としての価値が高まり、企業の需要が見込めると判断した。動画サイトの広告は現在、文字広告が中心で、サイト側にとっても収益確保につながるとみている。

 フリップ・クリップ(東京・新宿)など8つの動画共有サイトを広告媒体として利用。2007年1月から順次、新サービスを始める。(2006.11.15/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-15 09:43 | インターネット総合  

<< ウィンドウズなどに弱点=米MS... 女性に優しいクリニック検索サイ... >>