mixiで氏名・性別の公開範囲を限定可能に



 ミクシィは、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)「mixi」上で、氏名や性別の公開範囲を限定できる機能を、12月上旬に実装する。「ユーザーの自由度を高めて居心地の良さにつなげるため」としている。

 従来、氏名と性別は会員全体に公開されていたが、「非公開」「友人まで」「友人の友人まで」「全体に公開」の4つから選べるようにする。

 mixiでは、本名で登録していたユーザーが、日記に問題のある内容を書き込み、身元が割れて騒ぎになるケースが何度か起きていた。

 また、mixiの「利用上の注意」の内容がこのほど追加された。mixi内でプログラムのぜい弱性を見つけた時の対処方法などセキュリティ面の注意や、日記に何を書くべきかといった利用法などについてアドバイスしている。

 mixiの11月12日現在の登録ユーザー数は約660万人。

(2006.11.14/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-14 16:10 | インターネット総合  

<< 悪意のコメントをつける&quo... 「楽オク」はドコモのコンテンツ... >>