マイクロソフト、11月のセキュリティパッチは“緊急”を含む6件



 マイクロソフトは10日、日本時間11月15日にリリースを予定している月例のセキュリティ修正プログラム(パッチ)の事前情報を公開した。11月の月例パッチは、Windowsに関連する6件のパッチをリリースする予定。

 6件のパッチのうち1件については、Microsoft XML Core Servicesに関する脆弱性の修正であることが説明されている。このパッチの最大深刻度は“緊急”。マイクロソフトでは4日に、Microsoft XML Core Service 4.0の一部であるXMLHTTP4.0 ActiveXコントロールの脆弱性についてセキュリティアドバイザリを公開しており、この脆弱性に関するパッチがリリースされると考えられる。

 このほかにもWindowsに関連する5件のパッチの公開を予定しており、パッチの最大深刻度は“緊急”としている。「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」についても、新しいバージョンを公開する。

 また、マイクロソフトでは、Windows Server 2003などで修正パッチを自動適用するための「Microsoft Software Update Services」については、11月の月例パッチが最後の提供になるとして、後継の「Windows Server Update Services 2.0」にアップデートするよう呼びかけている。

(2006.11.11/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-11 14:15 | インターネット総合  

<< PS3:欧州からの買い付けツア... GmailのUIが“ちょっとだ... >>