松下、SDカード記録の最小/最軽量AVCHDカメラ


 松下電器産業株式会社は、SDメモリーカードにMPEG-4 AVC/H.264記録するAVCHD方式のハイビジョンムービーカメラ「HDC-SD1」を12月1日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は18万円前後の見込み。4GBのSDHCメモリーカードが同梱される。

 AVCHDに対応し、SD/SDHCカードに1080iのHD映像をH.264形式で記録できるSDカードムービーカメラ。HDカメラ用に新開発したという1/4型総画素数56万画素のCCDを3枚利用した「テルニオン 3CCD HD」を搭載。従来比約2倍の色の描写を実現したという。有効画素数は動画/静止画撮影時ともに156万画素(52万画素×3/16:9)。最低照度は6lux。
 レンズは光学12倍ズームのライカディコマーレンズ(F1.8~2.8)で、焦点距離は38.5~462mm。30倍のデジタルズームも搭載する。光学式の手ぶれ補正機能も備えている。

 新開発のノイズリダクション回路や忠実なディティール/色再現を実現する「HDクリスタルエンジン」のほか、MPEG-4 AVC/H.264での映像記録に向けて新開発した「映像圧縮LSI」を内蔵しMPEG-4 AVCのHigh Profileでリアルタイムに記録。VBR録画も可能で、高画質なハイビジョン記録を実現する。

 記録モードはHF/HN/HEの3モードが用意され、ビットレートはHFが約13Mbps、HNが約9Mbps、HEが約6Mbps。4GBのSDHCカードを利用した場合はHFで約40分、HNが約60分、HEで約90分記録できる。肌色部分のみのソフトフォーカスをかけ、人肌のシミなどを目立たなくする「美肌モード」や「テレマクロ」機能も備えている。

 5つのマイクを内蔵し、5チャンネルサラウンド記録が可能。静止画は1,920×1,080ドット記録が可能で、動画を撮影しながら「フォトショットボタン」を押すだけで動画と同時記録ができる。

 液晶モニターは3型ワイドの25.1万画素。HDMI出力端子(HDMI Ver.1.2a)を搭載し、VIERA Linkにも対応。HDMI経由でテレビにハイビジョン映像を出力できる。USB端子も装備する。バッテリ駆動時間は約1時間5分(付属のVW-VBG130-K利用時)外形寸法は74×142×69mm(幅×奥行き×高さ)、本体重量は約430g、撮影時重量は約490g(バッテリ/SDカード含む)。
 録画したSDメモリーカードは同社のBlu-rayレコーダ「DMR-BW200/100」と接続して、Blu-rayに記録できる。また、再生や簡易編集が行なえるPC用のソフトウェア「HD Writer Ver.1.0J for SD1」が付属する。対応OSはWindows 2000/XP。

 また、DVDにAVCHD記録を行なう3CCD DVDビデオカメラ「HDC-DX1」も12月15日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は16万円前後。

 光学系などの基本機能は「HDC-SD1」と共通ながら、記録メディアを8cm径のDVD-R/RW/RAMとしたビデオカメラ。DVD-R DLへの記録にも対応する。

 発表会の模様は製品の詳細は追ってレポートする。
(2006.11.8/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-08 18:55 | 周辺機器  

<< 米グーグル、米国内でラジオ広告... 秘密基地専用LaVie、限定発売 >>