デル、企業向けPCにもAMD製CPUを採用・インテル搭載モデルより1000円安く


 デル日本法人は7日、米AMD製のCPUを搭載した企業向けデスクトップ型パソコン「OptiPlex 740」を同日発売したと発表した。家庭向けデスクトップ製品では9月からAMD製CPUを搭載したモデルを販売しているが、企業向けでの採用は今回が初めて。インテル製CPU搭載モデルと比べて最小構成時の価格を1000円程度引き下げた。

 CPUは64ビットの「Athlon 64」「同64 X2」の2種類から選択可能。CPUに2.2ギガヘルツ版のAthlon 64を搭載した最小構成モデルの価格は7万4550円で、同型のデスクトップPC「OptiPlex 745」にインテル製「Celeron D(3.06ギガヘルツ)」を搭載した製品と比べると1050円安い。同価格帯となる構成とした場合、AMD搭載機の方が消費電力も若干低くなるという。(2006.11.7/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-07 19:20 | PC  

<< サムスン電子、移動中でも高速通... 首位でスタート新shuffle... >>