マイクロソフト、精密な3D地図サービス「Virtual Earth 3D」を提供開始



 Microsoftは米国時間11月6日、ダウンロード可能な新しいブラウザアプリケーションをリリースした。同社のオンライン地図および地域検索サービスに、写実性とゲームのような操作性を加えるものだという。

 Microsoftの「 Live Search 」の一部として提供される「Virtual Earth 3D」では、街の上空やビルの隙間を「飛ぶ」体験ができる。ちょうど、オンライン3D世界「Second Life」などの仮想現実世界の中で、そうしたことが可能なのと同じようにだ。もっとも、Microsoftのインターフェースにはアバターは設置されていないし、描き出される建物や道路、地図上の目印は、ファンタジー物語に基づいた仮想コミュニティではなく、本物の都市の景観をなぞったものである。

(2006.11.7/CNET Japan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-07 16:04 | インターネット総合  

<< IE 7のシェア、3.06%に Google、紙面広告プログラ... >>