Google、紙面広告プログラムの試験運用実施へ



Google ( NASDAQ:GOOG ) は今週にも、紙面広告プログラムの試験運用を再び開始する。

同社の紙面広告プログラムは、『AdWords』と同様にオンラインで入札を受け付けるもので、今回の試験では米国主要50紙以上の新聞広告枠が対象となる。

Google は、新たなオンライン製品のリリースと「Web 2.0」系企業の買収に余念が無いが、今回の試験は、そもそも同社が広告によって成り立っていることを改めて認識させるものといえる。

紙面広告プログラムの試験は、来年1月まで実施する。

広告枠を提供する新聞は、『New York Times』『Washington Post』『Boston Globe』『Chicago Tribune』『Philadelphia Inquirer』『Denver Post』などだ。

Google の広報担当は、同プログラムの試験に参加する広告主が、100社以上に及ぶことを認めた。

同広報担当は取材に対し、入札サイトで提供する広告枠の種類は新聞社側が決定すると説明した。

この広報担当によると、Google では広告枠のサイズが、4分の1ページ以下になると見ているという。

Google は以前にも紙面広告の試験を行っていたほか、広告媒体や広告品目の多様化を進めている。

地上波ラジオ放送の広告もその1つで、ラジオ放送業界向けデジタル広告ソリューション会社 dMarc Broadcasting を今年1月に現金1億200万ドルで 買収 し、同分野への足がかりを得た。またブランド広告主の受け皿として、 テレビ放送コンテンツ を扱うようになったほか、オンライン広告でも クリック再生方式のビデオ広告 を開始している。


(2006.11.7/japan.internet.com)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-07 16:03 | インターネット総合  

<< マイクロソフト、精密な3D地図... 日本のWeb利用者の年齢構成、... >>