ソフトバンクモバイル、今度は自社の変更手続き停止


 ソフトバンクモバイルは6日夕、自社の顧客に対する機種、料金プランの変更手続きを停止した。申込件数の増加で事務処理に遅れが生じ、「番号持ち運び制度に支障をきたさないよう、早めに業務を終了させた」としている。

 同社はこの日朝から、携帯各社間の「番号持ち運び制度」に伴う受け付けや新規加入など店頭業務を全面的に再開していた。手続き停止の告知は店頭で行っただけで、対応のまずさに批判が集まりそうだ。

 機種変更などの受け付けは、7日に再開するが、10日までの間、閉店1時間前の午後7時までに制限するとしている。総務省は「利用者への不利益や、苦情の様子を注視する」としている。
(2006.11.6/読売新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-07 06:50 | 周辺機器  

<< 「考えるだけ」でスイッチ切り替... ハドソンの高橋名人、役職も正式... >>