Windows Vistaは必ず1月30日に発売する



 マイクロソフト株式会社は6日、日本のPCメーカー8社と共同で「PC Innovation Future Forum」を開催。その席上、東芝の執行役上席常務PC&ネットワーク社社長である能仲久嗣氏から、「Windows Vistaの1月発売は、かならず実現してもらいたい」というリクエストがあがったところ、米Microsoftスティーブ・バルマーCEOが、「1月30日には必ず発売する」ことを明言した。

 このイベントは、日本のPCメーカーがPCに関する展望と、マイクロソフトへの期待をプレゼンテーションとして発表するというスタイルで実施された。東芝の能仲上席常務は、Windows Vistaの発売日がこれまで何度か遅れたことを触れた上で、「1月という発売スケジュールは守っていただきたい」とコメントしてプレゼンテーションを終えた。

 これに対しバルマーCEOは、「一言付け加えたい」、「1月30日には必ず発売する」とコメント。隣に座っていたマイクロソフト日本法人のダレン・ヒューストン社長もそれに同意して頷いた。

 Windows Vistaの発売日については、10月26日に開催された記者会見において、「1月に発売する」ことは言明されたものの、具体的な発売日は明らかにされていなかった。マイクロソフトの広報部は、「正式な発売日はあらためて発表する」と説明したが、バルマーCEOの発言は否定しなかった。

 なお、この1月30日が米国の発売日となるのか、日本の発売日となるのかについて説明はなかった。
(2006.11.6/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-06 20:00 | インターネット総合  

<< ハドソンの高橋名人、役職も正式... Webサイトへのアクセス企業を... >>