Zune、再生ビデオコーデックはWMVのみ



 米Microsoftが11月14日に発売するポータブルプレーヤー、Zuneのコーデックに関する詳細が明かされた。音楽に関してはMP3、AAC、WMAがネイティブサポートされ、動画についてはWMV(Windows Media Video)のみとなる。

 この内容は、Zuneチームのブログで明らかにされた。

 H.264、MPEG-4、QuickTimeなどの動画フォーマットは、Zune SoftwareでインポートしてWMVにトランスコードすることにより再生可能になる。Zuneがネイティブで持っている動画再生機能はWMVのみ対応する。

 当初、Microsoftの資料にはH.264などはインポート可能とされていたものの、ネイティブ再生できるかどうかについては記載されていなかった。現在のビデオポッドキャスティングの主流であるH.264/MPEG-4の動画ファイルは、PC側で取り込んでいったん変換する必要が生ずる。

 ネイティブ再生可能なWMVのフォーマットは次のとおり:

・Main Profile、CBRまたはVBR、ビデオビットレートは1.5Mbpsまで、320×240ピクセル、30fps。オーディオ部分はWindows Media Audio(最大192Kbps、44.1kHz、ステレオ)
・Simple Profile、CBR、ビデオビットレートは736Kbpsまで、320×240ピクセル、30fps。オーディオ部分はWindows Media Audio(最大192Kbps、44.1kHz、ステレオ)

 Zuneのスペック、周辺機器などの詳細は、Zuneの公式サイトに掲載されている。


(2006.11.6/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-06 12:17 | インターネット総合  

<< Webサイトへのアクセス企業を... マーケティングプラス、携帯サイ... >>