マーケティングプラス、携帯サイト制作サービスASP使い低価格で



 マーケティングプラス(東京都渋谷区、八木宏一郎社長、03・5465・7569)は、アプリケーション・サービス・プロバイダー(ASP)を利用した携帯電話向けインターネットサイト制作サービスを始めた。類似サービスを提供する同業他社より価格を半額程度に抑えた低コストを売り物に、初年度5000万円の販売を計画する。

 開始した「モバプラス」は年商5億円以下、または従業員20人以下の中小企業向けに提供する。独自のサイト構築用ソフトを利用して制作費を抑えるほか、ASPを使ってインターネットへの接続環境があれば顧客が自分で自由にサイトの情報を書き換えできる。

 サービスは用途に応じて3プランを用意。最も安いスタンダードプランは、初年度費用10万5000円で6ページ分のサイトを構築。最上位のプレミアムプランは年間費用31万5000円で、ショッピングカートやカード決済機能、簡易予約システムを備えている。同社によると一般的なサービスの相場に比べて半額程度の水準だという。

 各プランとも初年度は管理費無料(2年目以降は年間4万2000円)で、全キャリアに対応する。ホームページを保有していれば、1週間で制作が完了できる。同社は親会社のプラスライン(東京都渋谷区、八木宏一郎社長、03・5465・7566)が携帯電話向けサイトの制作事業を立ち上げる目的で4月に設立した。今後はクイックレスポンス(QR)コードを使ったマーケティング支援も行っていく。(2006.11.6/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-06 09:43 | インターネット総合  

<< Zune、再生ビデオコーデック... ソフトバンクと米ニューズが提携... >>