アスキーソリューションズ、PCとプロジェクターを無線LANで接続



 アスキーソリューションズはパソコンとプロジェクターを無線LANで接続する機器を12月8日に発売する。動画や音声つきのデータをスムーズに投影してプレゼンテーションできる。価格はオープン。実勢価格は3万5000円前後になる見込み。一般企業や公共施設、学校などを対象に07年3月末まで1000台の販売を目指す。

 製品名は「無線deプレゼン」。YRP事業開発研究所(神奈川県横須賀市)が企画・開発した画像圧縮・転送技術を利用。専用ソフトをインストールしたパソコンから画面データを無線で受信、プロジェクターで投影する。(2006.11.4/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-05 08:42 | 周辺機器  

<< 電子決済サービス「ペイジー」、... PSP 売れ行き急ブレーキ 背... >>