携帯クレジット、エディと共通端末・三井住友カードとJCB


 三井住友カードとジェーシービー(JCB)は、電子マネー「Edy(エディ)」を運営するビットワレット(東京・品川)とそれぞれ提携する。三井住友カード、JCBそれぞれが展開する携帯クレジットとエディの共通読み取り端末を開発し、小売店に設置する。電子マネーや携帯クレジットの読み取り端末の共通化が広がってきた。

 三井住友カードはNTTドコモと展開する携帯クレジット「iD」とエディの共通端末を来年2月に開発し、小売店への設置を始める。2007年度上期中に1万台の端末設置をめざす。

 エディの加盟店の開拓業務も受託する。小売店では電子マネー導入の要望が高まっており、ビットワレットは手が回らない地方チェーン店などとの加盟店契約を三井住友カードに任せる。
(2006.11.4/日本経済新聞
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-04 09:41 | 周辺機器  

<< PSP 売れ行き急ブレーキ 背... <米MS>無償OS「リナックス... >>