シネマナウ、アイドル映像や邦画をダウンロード販売


 動画配信のシネマナウジャパン(東京・目黒、間宮義文社長)は1日、インターネット経由で映像作品のダウンロード販売を始めると発表した。まずグラビアアイドル作品などを携帯型プレーヤー向けに配信する。12月からパソコン向けの高画質作品の配信を始めるほか、来春にもダウンロードした映画作品をDVDにコピーできるサービスを始める。

 1日からグラビアアイドル作品など約240タイトルの配信を始めた。今月末までに約370タイトルに拡充する。作品は一タイトル30―60分程度で価格は525円。来年1月までは420円で提供する。パソコンにダウンロードした作品は対応する携帯型プレーヤーなどに転送して見られる。(2006.11.2/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-02 09:39 | インターネット総合  

<< 「ユーチューブ」が「ユーチュー... 本当に安いのは? 「番号継続制... >>