SBモバイル、料金広告を一部修正…「0円」小さく



 ソフトバンクモバイルは1日、テレビCMや新聞広告などを見直すことを決めた。

 携帯電話の新料金プランについて「通話0円、メール0円」と強調する内容が、景品表示法に違反する可能性があるとして公正取引委員会が調査を始めたことを受けた措置だ。

 ソフトバンクは、「0円」とした部分の表示を小さくする一方、無料にならない条件を示した説明書きの表示を拡大する。

 早ければ、今週末以降、修正した広告やテレビCMに切り替える。ソフトバンクによると、担当者が31日に公取委に相談に行き、広告やCMについて「無料にならないケースの表示がわかりにくい」との指摘を受けたという。
(2006.11.1/読売新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-01 17:55 | 周辺機器  

<< はがき作成ソフト今年の売れ筋は... 口の中で溶けかけた飴をイメージ... >>