口の中で溶けかけた飴をイメージ──「INFOBAR 2」のプロトタイプ登場





 
 KDDIは、東京・原宿のKDDIデザイニングスタジオで「INFOBAR 2」のプロトタイプを披露した。コンセプトモデルという位置付けで、製品化の時期については未定としている。

 初代INFOBARと同様、デザインを手がけたのは深澤直人氏。丸みを帯びたボディを深澤氏は「まるで四角い飴が口の中で溶けて丸みを帯び始めたかのような形」と表現している。

 INFOBAR 2のプロトタイプは5色がラインアップされ、ガラスケースの中に入った形で展示されている。ケースの上には同サイズのイメージモックが展示され、手にとってサイズや色、質感などを試すことが可能だ。

 なお、INFOBAR 2を置くとよりよい音で音楽を楽しめる、一体型のスピーカーも展示している。


(2006.11.1/+D Mobile)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-11-01 17:33 | 周辺機器  

<< SBモバイル、料金広告を一部修... Google、JotSpot ... >>