マイクロソフト、「Windows Media Player 11」を正式リリース



 Microsoftは米国時間10月30日、同社のジュークボックスプレーヤー「Windows Media Player」の新版を、当初の予定より1週間遅れてリリースした。

 数カ月におよぶテストを経て 無料ダウンロード が開始された「Windows Media Player 11 for Windows XP」は、MicrosoftがMTVと共同開発した会員制音楽サービス「URGE」をサポートしている。

 Windows Media Player 11は本来先週リリースされる予定だったが、Microsoftによれば、最終段階で若干の不具合が出たという。

 メディアプレーヤーの新版は、「Windows Vista」の機能の中でも2番目に重要なものとされているが、今回は同OSのリリースに先んじて、XPユーザーに提供されることになった。なお10月に入って、「Internet Explorer 7 for Windows XP」の正式版も発表されている。両製品のVista対応版は外観が多少変わり、新機能もいくつか追加されるという。MicrosoftはVistaの開発を間もなく終え、大企業向けには11月に、一般向けには2007年1月にリリースを開始する予定だ。

 もっとも、Microsoftが独自の携帯音楽プレーヤー「Zune」と、これとともに使用する音楽サービスを提供する計画が明らかになってからは、URGEやメディアソフトウェアの新版リリースにはそれほど注目が集まらなくなっていた。Zuneの価格は250ドルとなり、11月半ばには発売される見込みである。

 Windows Media Player 11には、URGEに加え、より先進的な検索機能やビジュアルを多用するインターフェース、「Windows Media Audio Professional」および「WAV Lossless」といった、楽曲のリッピングや再生に関する新たなフォーマットのサポートなどが搭載されている。


(2006.10.31/CNET Japan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-31 15:37 | インターネット総合  

<< 「livedoor FINAN... ソフマップ、神戸店をリニューア... >>