デスクトップは3年で交換すべし――ダウンタイムを減らす5つの方法



 いまやビジネスにコンピュータは欠かせず、たった1日のダウンタイムでも膨大な影響を与えかねない。コンピュータ関連サービスの米Computer Troubleshootersが、ダウンタイムを減らす5つの方法を提案している。

 1点目は、「デスクトップPCは36カ月で取り替える」。この期間を超えると、PCに前触れもなく不具合が生じ、使用できなくなる可能性が高まるという。2点目は「ウイルス対策、スパイウェア対策ソフトをインストールし、定期的にアップデートする」。

 3点目としては、電圧の変化や停電などによる影響を軽減するため、「すべての機器にサージプロテクターを使用し、サーバなどの重要なコンポーネントには無停電電源装置を使用する」ことを推奨。4点目はPCの冷却に関するもの。「PCの空冷ファンを定期的に掃除し、常に正しく機能するようにしておく」ことが重要。5点目は「ソフトウェアの整理整頓」。ソフトウェアのリカバリに時間がかかる原因の1つは、オリジナルのソフトウェアCDやライセンスを探し出せないことだという。

 Computer Troubleshootersは、米国を中心にカナダや英国、エジプトやギリシャにもオフィスを持ち、主に中小企業や個人事業者向けに、PCのトラブル対応や機器のセットアップ、トレーニングなどのサービスを提供している。上に挙げた5点は、実際に顧客にサービスを提供する際、コンピュータのトラブルの原因として、最も頻繁に見られるものだという。「幸い、ほとんどの企業にとって、比較的容易に対応できるもの」として、対応を推奨している。


(2006.10.31/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-31 04:57 | PC  

<< インデックス、同窓会サイトゆび... KDDIとグリー、モバイル向け... >>