3つまでケータイのアドレスが無料でもてる、アドレスポータビリティー「ケータイメアド」

ファーストドリーム株式会社は、2006年10月24日から導入された、携帯電話の番号ポータビリティ(MNP)にしたがい、従来からサービス提供してきた「ケータイメアド」サービスを、2006年10月24日から12月末日まで無料でサービスを開始した。
MNPでは電話番号は維持できるが、メールアドレスは変わってしまう。この「ケータイメアド」では、携帯電話会社が発行するメールアドレスとは別に、独自のメールアドレスを作ることができ、スムーズに携帯電話会社の変更ができる。
また、従来1個しか持っていなかったメールアドレスを、最大3個まで増やして利用できるサービスもあり、単にアドレスが複数持てるだけではなく、通常のメールに加えた便利な機能が数多く用意されている。たとえば、携帯のメールアドレスを人に教えたくない場合、「ケータイメアド」のうち1個を教えておいて、その「ケータイメアド」のメール配信を停止しておけば、わずらわしいメールから開放されるといった使い方もでき、恋人・友達・仕事用にケータイメアドを使い分けることもできる。
さらに、都合の悪いメールの受信をストップできる「リアルタイム配信のON/OFF機能」や、「携帯で簡易Webメールの機能」もあり、「PCでは完全なWebメール」として使える。

関連ページ:http://www.firstdream.co.jp/service/service-point.htm#meado
(2006.10.29/DoorBoys)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-29 09:50 | インターネット総合  

<< ソフトバンクの携帯契約、また停... 高速ネット、映像配信業者に応分... >>