<ドコモ社長>ソフトバンクの低料金プランに、対抗心あらわ



 NTTドコモの中村維夫社長は27日、ソフトバンクモバイルが打ち出した低料金プランに対し「負けているものは一つもない」と対抗心をあらわにした。携帯会社を乗り換えても従来の電話番号を使えるポータビリティー制度導入で料金競争の機運が高まっているが、中村社長は「追随しない」と対抗値下げを否定した。
(2006.10.27/毎日新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-27 23:17 | 周辺機器  

<< PlayStation.com... ソニー製充電池搭載、富士通のパ... >>