MS、Vistaへのアップグレードプログラムを発表



 米Microsoftは10月24日、次期OS「Windows Vista」へのアップグレードプログラムを発表した。Windows XPがプリインストールされたPCを購入した場合、無料もしくは割引料金でWindows Vistaにアップグレードできる。対象期間は10月26日から2007年3月15日まで。

 このアップグレードプログラムには、HP、Dell、Gateway、富士通、ソニー、東芝など、既に多くのPCメーカーが参加を表明している。アップグレード料金はPCメーカーにより異なるため、Microsoftでは、PC購入時にはメーカーからの情報を確認する必要があるとしている。

 また、Office 2007へのアップグレードも、Office 2003をインストールしたPC購入者に対して同様に提供される。Windows XPやOffice 2003を単独で購入した場合については、同様のアップグレードプログラムが利用できる地域もあるという。


(2006.10.25/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-25 17:39 | インターネット総合  

<< MacBook Proが待望の... バンダイ、たまごっちの形状とゲ... >>