バンダイ、たまごっちの形状とゲーム内容を一新、その名も「たまスク」



 バンダイは10月25日、「たまごっちスクールせーとぜーいんしゅーごっち!(たまスク)」を11月23日に発売すると発表した。スクールどっとほわいと、スクールしーるぶるー、スクールちぇっくぴんく、スクールかだんぐりーんの4色を販売し価格は2940円。07年3月末までに100万個の販売を目指す。



 本体形状を縦型から横型に一新。新たに十字ボタンを追加した。また名札風ストラップも付属する。遊びの内容は子供たちに馴染みの深い「学校」をテーマにした。これまでのごはんをあげたりトイレの世話をして遊ぶ「たまごっちプラスシリーズ」とは異なり、たまごっちたちが通う「たまごっちスクール」の先生になって、生徒のたまごっち達とコミュニケーションをしながらクラスのランクを上げ「サイコークラス」を目指すという内容。

 人気を上げてさせてクラスの「生徒数」を増やしたり、「こくご」「さんすう」「りか」の3教科をモチーフにした6種のゲームで「ごっち値ち」を上げていくことで、クラスのランクが上がっていく。また、「たまスク」同士の赤外線通信では、黒板消し競争、給食早食い競争の2つのゲームで対戦できる。そのほか、パソコンや携帯電話の専用WEBサイトとの通信機能も備えた。サイズは幅75×高さ63×厚さ16mmで重さは50g。付属のCR2032型電池で動作する。


(2006.10.25/BCN)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-25 17:38 | 周辺機器  

<< MS、Vistaへのアップグレ... SH903iTV、W44K、9... >>