NTT西「ひかり電話」また障害、復旧のメド立たず



 NTT西日本の光ファイバーを使った光IP(インターネット・プロトコル)電話サービス、「ひかり電話」と企業向けの「ひかり電話オフィスタイプ」で、23日午前9時35分ごろから電話がつながりにくい状態となった。

 不具合の範囲は、静岡県から沖縄県までの2府28県、法人・個人の約83万2000件に及んでおり、NTT西日本の「ひかり電話」の通信障害としては過去最大規模という。原因は調査中で、正午現在、復旧の見通しは立っていない。

 NTT西日本では、2006年に入ってから「ひかり電話」で計4件の不具合が起きており、今回が5件目。

 「ひかり電話」を巡っては、9月にNTT東日本で約80万件に影響が出た通信障害が起きている。
(2006.10.23/読売新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-23 19:24 | インターネット総合  

<< あくまでも「法令遵守」を貫くユ... 携帯番号継続制、予想以上の利用... >>