「IE 7の脆弱性」情報は不正確――Microsoftが見解



 正式リリースしたばかりのInternet Explorer 7(IE 7)で脆弱性が報告されたことについて、Microsoftは10月19日、この問題を調査中であることを公式ブログで認めた。ただ、問題はIE 7に存在するものではないと説明している。

 ブログによれば、IE 7に脆弱性があると伝えられたことは「技術的に不正確」であり、実際に脆弱性が存在するのはOutlook Expressのコンポーネントだという。問題が公になったことは知っているが、これが顧客に対する攻撃に利用されたとは聞いていないとMicrosoft。

 同社では状況を注意深く監視しており、調査完了後に顧客を守るための適切な措置を取ると表明している。

(2006.10.20/ITmediaエンタープライズ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-21 00:57 | インターネット総合  

<< 夢のCD ガラス製「音」劣化し... ブログツール「NHK時計」に木... >>