Windows XP SP3、2008年に延期



 米MicrosoftがWindows XP Service Pack(SP)3のリリースを2008年に延期した。

 同社は10月17日付でWindowsサービスパックのロードマップを更新、Windows XP SP3のリリース予定を2007年後半から2008年前半に変更した。

 Windows XPのSP2は2004年8月にリリースされた。SP3登場までに4年弱のブランクが空くことになる。

 またWindows Server 2003のSP2のリリース予定も、2006年後半から2007年第1四半期に延期されている。

(2006.10.20/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-20 17:14 | インターネット総合  

<< 大塚商会、中堅・中小向け業務受... 英Symbianが見据える「ス... >>