ソニー、バッテリ不具合やPS3値下げで業績下方修正


 ソニーは19日、7月に発表した2006年度の連結業績見通しを下方修正すると発表。売上高および営業収入は8兆2,300億円を維持するが、営業利益を当初の1,300億円から62%減となる500億円に、当期純利益を1,300億円から38%減となる800億円に修正した。税引前利益は1,500億円から700億円となる見通し。

 下方修正の理由について同社では、DellやApple、Lenovo、東芝、日立などに供給したソニー製リチウムイオン電池に不具合があり、その自主交換にかかる費用が2006年度第2四半期に約510億円にのぼることを挙げている。

 さらに、PLAYSTATION 3の日本における販売価格を値下げしたことや、PSP関連の売上げや利益が当初計画を下回る見通しになったことなど、ゲーム分野における売上げの減少と損失も拡大。エレクトロニクス分野においてもPS3向けの半導体生産の調整を行なうことで利益の減少が見込まれている。

 ほかにも、為替レートが想定に比べて円安に推移したことも影響。プラス要素としては成長分野への人員の再配置が順調に進んだため、構造改革費用が500億円から400億円に下がったという。

 ソニーでは今回の下方修正について「電池パックの回収や自主交換、PS3のスケジュール変更などによりマイナス影響を受けるが、エレクトロニクス事業全般としては液晶テレビやデジタルカメラなどでヒット商品も続いており、業績は順調に回復している」と説明。

 PS3についても「導入当初は損失計上を見込んでおり、2006年11月の日本と北米、そして2007年3月の欧州への導入を着実に行なうことで、全世界的なプラットフォームとして展開/拡大が期待でき、2007年度には大幅な利益改善を実現できると考えている」としている。

 発表会の模様は、追って掲載する。




(2006.10.19/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-19 20:43 | インターネット総合  

<< SecuniaがIE7の脆弱性... アフィリエイトのガイドラインま... >>