米マイクロソフト、「Internet Explorer 7」の正式版をリリース





 
 米マイクロソフトは現地時間18日、Webブラウザー「Internet Explorer 7」(IE 7)の正式版をリリースした。今のところ英語版のみで、日本語をはじめとしたほかの言語は、追ってリリースされる。

 対応OSはWindows XP SP2のほか、Pro x64/Server 2003 x64/Server 2003 SP1/Server 2003 ia64。また、Windows Vistaに搭載される。

 IE 7は、Internet Explorer 6と比較して、セキュリティとプライバシー保護機能が向上しているのが特徴。また、レンダリングエンジンが一新され、標準規格への準拠や高速化が施されている。ほか、タブブラウジングやRSSのサポート、ユーザインターフェイスの改良などがあげられる。
(2006.10.19/RBB TODAY)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-19 14:02 | インターネット総合  

<< 怪しい「セキュリティ警告」への... Google、ついに日本語版「... >>