NEC、スパコン新モデルを発売-CPU性能2倍超に



 NECは17日、最大ベクトル性能が144テラFLOPS(1テラFLOPSは1秒間に1兆回の浮動小数点演算性能)を実現したスーパーコンピューター(スパコン)「モデルSX―8R」を発売したと発表した。ベクトル型スパコンでは世界最速になる。レンタル価格は月額約121万円から。今後1年間で200システムの販売を見込む。

 SX―8Rは既存モデルの強化版。ベクトルプロセッサー(CPU)の中核機能であるベクトル加速器と乗算器を増やし、CPU当たりの性能を従来機に比べ2倍以上の35・2ギガFLOPSに向上した。

 1ノードが最大8CPU構成で、最大ベクトル性能は281・6ギガFLOPS(1ギガFLOPSは1秒間に10億回の浮動小数点演算性能)を実現。同ノードを最大512個接続したマルチノード構成では144テラFLOPSまで対応できる。またメモリー容量も1ノード当たり最大256ギガバイトと従来に比べて倍増させ、512ノード構成時では最大128テラバイトの大容量化が可能になる。

 併せて次期ベクトルスパコンの開発に着手。1CPU当たり100ギガFLOPSを超えるベクトルプロセッサーの開発を進めていることを明らかにした。(2006.10.18/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-18 20:03 | PC  

<< 動画サイト上位表示を支援する「... RSS配信と新着情報ページの更... >>