ソニー、スライドキーボードを備えた無線LAN搭載の「mylo」

 
 ソニースタイル・ジャパンは、スライド式キーボードを備えたIEEE 802.11b無線LAN搭載端末「mylo」を12月中旬に発売する。予定販売価格は約45,000円。

 myloは、「my life online」の頭文字を取った造語で、米Sonyでは9月より販売が開始されている製品。約65,000色表示が可能な2.4型QVGA液晶ディスプレイやQWERTY式のスライドキーボードに加え、IEEE 802.11b準拠の無線LAN機能とブラウザも搭載。ソニーでは同製品を「パーソナルコミュニケーター」と位置づけている。

 1GBのフラッシュメモリを内蔵するほか、メモリースティックDuoスロットも搭載。保存した静止画や音声、動画ファイルなどが再生できる。無線LANを利用したインターネットにも接続も可能で、コミュニティサービス「PLAYLOG(プレイログ)」との連携機能をはじめ、SkypeやGoogle Talkといったソフトを搭載し、内蔵のマイクやスピーカーを利用してインターネット電話サービスなども利用できる。また、PCとの連携用にUSBポートも備えている。

 本体サイズは123×63×23.9mm(幅×奥行×高)で、重量は150g(バッテリ含む)。バッテリはリチウムイオン充電池を採用し、音楽再生時で最大45時間、インターネット接続時で最大3.5時間まで利用できる。

 ソニーは18日、myloの実機体験会を報道向けに開催した。イベントの模様は追ってレポートする。



(2006.10.18/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-18 20:01 | 周辺機器  

<< RSS配信と新着情報ページの更... リズムアクションの名作がPSP... >>