ソニー、自社製ノートPCの充電池リコール実施を発表



 ノートパソコン用のソニー製充電池(リチウムイオン電池)に発火などの不具合が見つかった問題で、ソニーは17日、国内外で販売したノートパソコン「バイオ」向けの充電池(うち国内は約6万個、海外は集計中)を対象にリコール(自主回収・無償交換)を行うと発表した。

 国内メーカーでは5社目。いままでソニーは、自社製のバイオについてリコールを実施していなかった。対象のバッテリーの型番は「VGP―BPS2B」「VGP―BPS3A」の2種類で、このバッテリーを搭載し、日本で販売されているバイオは12種類ある。問い合わせ窓口(0120・151・133)を開設する。
(2006.10.17/読売新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-17 17:14 | 周辺機器  

<< 日立、紙文書の情報漏えい防止す... ワンクリック詐欺、芸能ゴシップ... >>