電力線通信ビジネス始動・月内にも解禁


 電源コンセントを使って高速でインターネット接続ができる「電力線通信(PLC)」が今月にも解禁になるのを受け、通信機器各社が事業化に動き出す。NECが2日に事業参入を発表し、住友電気工業はPLCに必要な通信装置を開発した。PLCは配線工事が不要で、競合する無線LAN(構内情報通信網)より高速。企業、家庭の両方での利用が可能で、今後も参入する企業が増えそうだ。

 PLCは電力線を通じて通信データを送り、電源コンセントからコードを通じて受け取る。通信用の配線なしに動画や音声をやり取りすることが可能で、ネットからパソコンに取り込んだ画像をテレビに送って見ることなどが手軽にできる。(2006.10.2/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-16 06:49 | 周辺機器  

<< エキサイトが動画共有サイト バタフライエフェクト、自動車フ... >>