自動車販売増加へ ネット活用

このうちホンダは、会員どうしが専用のサイトの中でドライブに関する情報を交換するSNSを、来月から始めることにしています。このサービスでは、会員から寄せられたドライブ先の情報や地図を、カーナビゲーションに転送して利用することができる仕組みになっています。またトヨタ自動車も、東京の販売会社が提供しているSNSで車に関する話題のほか、趣味や娯楽について情報交換できる場が設けられています。一方、日産自動車では、特定の車種や観光情報をテーマにしたブログを設けて、テレビのコマーシャルや新聞の広告では伝えきれないきめ細かな情報を発信しており、来月からは、ブログ上の観光情報をカーナビゲーションに送るサービスも始めます。国内販売が伸び悩む中で、こうした自動車各社のネットを活用した取り組みが、どこまで販売の増加につながるか注目されます。(2006.10.15/NHK)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-15 17:06 | インターネット総合  

<< バタフライエフェクト、自動車フ... 「DVDirect」など閲覧の... >>