NECなど、無線LANの品ぞろえを強化-規模別に3種投入



 NECとNECインフロンティアは10日、無線LAN「ユニバージュWLシリーズ」の品ぞろえを強化し中小オフィスから大企業まで規模に応じて最適な機器選択が可能な製品3タイプなどを発売したと発表した。併せて無線LAN構築に関する教育・ライセンス制度を導入し、販売パートナーと一体で中堅規模オフィスを中心にモバイルソリューションの拡販に取り組む。一連の取り組みによって07年度に両社で1000億円の事業売り上げを目指す。

 中核となる無線LAN製品は、小規模向けの「ユニバージュWL1700―MS」(価格は24万8000円)や中規模向け「同WL5050」(同60万円)。また最大96台のアクセスポイントに対応できる大規模向け「同WL5100」(同100万円)。

 拡販のカギとなるパートナー支援策では無線LANの構築期間を半減できるシミュレーターツール群なども提供する。(2006.10.14/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-14 10:48 | 周辺機器  

<< ブロードバンド時代の新OS「T... デジタル音楽の売上高、ソフト全... >>