赤いiPod nano、登場


 
 アップルは10月13日、iPod nanoに赤い塗装を施した特別版「iPod nano (PRODUCT) RED Special Edition」を発表した。4Gバイトのメモリを搭載しており、価格は既存製品と同じく2万3800円。同種の意匠が施されたiTunes Card「iTunes (PRODUCT) RED Card」も用意される。



 これはアフリカにおけるHIV撲滅や、苦しむ人の支援を目指す「(RED)」プロジェクトに賛同して企画された製品。プロジェクトに賛同する製品の収益金の一部は、「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」(世界基金)に寄付される。本製品では1台あたり10ドルが世界基金に寄付されることになっている。

 この(RED)プロジェクトは、Kennedy大統領の甥 Bobby Shriver氏とU2のボーカル、Bonoと中心となって設立されたもので、アメリカンエクスプレスやアルマーニ、GAPなどが参加。イメージカラーである赤いTシャツやスニーカーが販売され、収益金が世界基金へ寄付されている。世界基金からは、これまでに52億ドルが各国の支援プログラムへ送られている。

 「赤いiPod nanoを購入することで、HIVをわずらったアフリカの女性や子供たちの救済に参加するという選択肢をアップルが提供できるのは、私たちにとってとても嬉しいこと」。Bonoからはこのようなコメントが寄せられている。

(2006.10.13/+D LifeStyle)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-13 20:31 | 周辺機器  

<< 次世代ゲーム機、年末人気は「P... Microsoft、『IE 7... >>