NTTドコモ、903iシリーズなど新モデル14機種。5機種がナップスター対応



 NTTドコモグループは、携帯電話の新ラインナップとして、「903i」シリーズなど全14機種を開発したと発表した。903iシリーズのうち5機種は、定額制の音楽配信サービス「ナップスター」に対応する。

 発表された903iシリーズは、「D903i」「F903i」「N903i」「P903i」「SH903i」「SO903i」の6機種に加えて、ワンセグ対応の「D903iTV」「P903iTV」「SH903iTV」の3機種、HSDPA対応の「F903iX HIGH-SPEED」「P903iX HIGH-SPEED」2機種の合計11機種。このうちD903i、D903i、SH903i、D903iTV、F903iX HIGH-SPEEDの5機種がWindows Mediaファイルの再生に対応し、ナップスターを初めとするWMA形式の音楽配信サービスを利用できる。

 903iシリーズ全モデルが着うたフルに対応するほか、従来のiアプリ容量を大幅に拡張、プログラム領域が最大1MBまで利用できる「メガiアプリ」を搭載。データ保存領域は外部メモリも利用可能で、数十MBの大容量メガiアプリも利用できる。また、903i全モデルで「おサイフケータイ」機能も拡充、ICカード容量が向上されたほか、機種変更や故障時にICカード内のデータを移行できる「iCお引っこしサービス」、ICカード間でデータ送受信できる「iC通信」といった機能を搭載。ケータイクレジット「iD」対応のサービス「DCMX」のiアプリも全機種にプリインストールされている。

 903iシリーズ以外では、シンプル機種「SIMPURE L1」「SIMPURE N1」2機種、IEEE 802.11gの無線LANを搭載したビジネス向け機種「N902iL」を発表。N902iLはフルブラウザやおサイフケータイといった機能も搭載する。

 NTTドコモでは903iシリーズ開発に関する発表会を合わせて開催した。発表会には夏野剛 執行役員が登壇し、「攻めるドコモ」をアピールした。発表会の模様は追ってレポートする。
(2006.10.12/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-12 16:33 | 周辺機器  

<< 想定内の動き?ドコモの AQU... マーケティングのトレンドはSN... >>