キヤノン、小型高速プリンター2種発売-カラー印刷毎分21枚



 キヤノンは11日、小型でカラー印刷速度が毎分21枚と高速のレーザープリンター「サテラLBP5300」など2機種を17日から順次発売すると発表した。A4サイズ対応の4連タンデムエンジンを採用し印刷速度を高めた。モノクロ印刷速度もカラーと同じで、ファーストプリント速度は10・1秒。価格は12万8000円から。2機種合わせ月間3000台を生産する。

 大きさは高さ437・7ミリ×幅412ミリ×奥行き453ミリメートルと卓上サイズで、重さは約22キログラム。自動両面印刷や850枚の連続給紙(オプション)機能で出力業務を効率化できる。印刷時だけトナー定着部を加熱するため、待機消費電力は約45―49ワットと省エネルギーながらウオームアップ時間がゼロ秒の高速立ち上げを実現した。

(2006.10.12/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-12 14:31 | 周辺機器  

<< マーケティングのトレンドはSN... 課金型ブログサービス「ブロくる... >>