Eudoraがオープンソースに



 米QUALCOMMは10月11日、電子メールクライアント「Eudora」の次期バージョンをオープンソース化し、無料で提供すると発表した。

 Mozilla Foundationと協力してプロジェクトを立ち上げ、Thunderbirdと同じ技術プラットフォームを基盤としたオープンソース版のEudora開発に当たる。リリースは2007年上半期を目指す。

 QUALCOMMでは11日、最後の商用版となるEudoraのWindows版とMac版をリリースした。価格は19.95ドルに引き下げ、6カ月のテクニカルサポートを提供する。オープンソース版が登場した時点で有料販売は中止する計画。

(2006.10.12/ITmediaエンタープライズ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-12 14:26 | インターネット総合  

<< スーパーボーナス契約が必須の「... 50万円の“輪島塗”キーボード >>