ソフトバンク、HTC のスマートフォン「X01HT」を10月14日に発売



ソフトバンクモバイル は、2006年10月11日、秋・冬商戦向け新機種「 SoftBankX01HT 」(HTC 製)を、同年10月14日より全国で発売すると発表した。

「SoftBank X01HT」は、マイクロソフトのサポートのもと、OS に WindowsMobile5.0 を搭載した スマートフォン モデル。タッチパネルに対応した液晶を搭載したほか、キー配列には QWERTY キーボードを採用するなど、パソコン感覚の快適な操作性を実現している。

また、「SoftBank X01HT」の発売に合わせ、HSDPA 方式に準拠した高速データ通信サービス「 3Gハイスピード 」が開始される。「SoftBank X01HT」では、下り最大 1.8Mbps(ベストエフォート方式)の高速インターネット通信が可能で、メールに添付されたファイルや音楽、動画などのダウンロードも快適に行える。

また、「SoftBank X01HT」の発売に合わせ、パケット通信料定額サービス「デュアルパケット定額」が 改定 され、新たな上限額1万290円(総額)/月が新設される。「SoftBank X01HT」を利用してインターネットに接続した請求月は「デュアルパケット定額」の上限額が自動的に変更される。



(2006.10.11/japan.internet.com)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-11 14:32 | 周辺機器  

<< 「F902iS」で2週間、15... 10メガピクセル携帯、Sams... >>