YouTube買収がGoogleにもたらすメリットは?

YouTubeはオンラインビデオ市場の約50%を握っており、Googleにとってはそのトラフィックに大きな価値があるとアナリストは考えている
 Web検索大手のGoogleは10月9日、ビデオエンターテインメントサイト最大手のYouTubeを株式交換により16億5000万ドルで買収することで合意した。コンシューマー生成メディア(CGM)サイトに新たな莫大な価値がついた格好だ。

 この買収は、新世代のユーザー参加型サイトに初めて10億ドルを超える値が付いたケースだ。この取引によりWeb検索そして急速な革新と同義語になったGoogleと、動画共有ブームの先陣を行くシリコンバレーの新興企業YouTubeという2つの人気インターネットブランドが統合されることになる。

 この買収を見込んだ投資家により、Google株は9日、8.50ドル(2%)高の429ドルで引けた。4月後半以来の高水準だ。買収発表後の時間外取引で、同社株は427.63ドルに下落した。

 GoogleのYouTube買収が近いかもしれないという報道があった6日時点で既に、同社株は約2%値上がりしていた。ここ2営業日の間、同社の時価総額は約40億ドル――YouTube買収のために支払う額の2倍以上――増加した。

 Googleにとって、YouTube買収はビデオ広告という新しい市場に迅速に踏み込む力となるとアナリストは語る。この市場では、同社はYahoo!やさまざまなWeb新興企業に比べると小さな足場しか持たないという。

 「YouTubeはトラフィックという点で非常に価値がある。インターネットセクターでは、トラフィックは不動産における場所のように重要だ」とOppenheimerのアナリスト、サザ・ゾロビック氏は言う。

 「YouTubeはオンラインビデオ市場の約50%を握っており、Google Videoと合わせると、トラフィックの60%近くを手にすることになる」と同氏は語り、16億5000万ドルという買収額はインターネットビジネスの評価額に沿ったものだと付け加えた。

 YouTubeは2005年2月に、数十の新興インターネットビデオ企業の1つとして設立された。ユーザーがホームビデオやテレビ番組のコピーの短いクリップを共有できることから、昨年11月から爆発的に人気が高まった。

 今年に入ってからほとんどの間、YouTubeには買収されるのではないかという憶測がつきまとっていた。同社を買収しそうな企業としては、GoogleのライバルのYahoo!のほか、MySpace.comのオーナーであるNews Corp.、MTVを傘下に持つViacomなどのメディア企業も挙がっていた。

 「この買収はGoogleにとって戦略的に非常に良い。同社があまり勢力を持っていなかったインターネット分野で成長する可能性を開くからだ。その分野とはビデオだ」とAIG SunAmerica Asset Managementのポートフォリオマネジャー、スティーブ・ニーメス氏は指摘する。

 「財務的には、Googleは100億ドルの現金を持っており、買収額は予測の範囲内であるため、たいしたことはないだろう」(同氏)

 YouTubeは、同社サイトでは毎日およそ1億件のビデオが視聴されており、大手メディア企業は同社のページに許可なく掲載された著作権付きコンテンツに監視の目を向けていると語る。

 Universal MusicとSONY BMGは9日、YouTubeと配信契約を結んだと発表した。これはYouTubeに対する訴訟の脅威を回避する対策になりそうだ。先月にはWarner Music Groupも同様の契約を結んでいる
(2006.10.11/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-11 12:06 | インターネット総合  

<< Google版Office「G... 愛子さまの運動会撮影 愛用品は... >>