KDDI、au携帯電話にてJava動作環境を提供へ -“勝手アプリ”も動作へ

 
 KDDIと沖縄セルラーは10日、au携帯電話にて、Javaで作成されたアプリケーションの動作環境「オープンアプリプレイヤー」を2007年春をめどに導入すると発表した。

 auでは、従来、Javaによるアプリケーション動作環境を導入していた。しかし現在では、BREWのみとなっている。しかし、BREWをauの携帯電話で動作させるためには、KDDIの審査が必要であり、いわゆる“勝手アプリ”は動作しないようになっている。

 今回、Javaで作成されたオープンアプリの動作環境が導入されることで、KDDIの審査を経ずにJavaのアプリケーションが動作するようになる。

 なお、Javaのオープンアプリは、MIDP2.0に準拠。オープンアプリプレイヤーは、BREW上で動作、Javaのアプリケーションはこの上で実行されることになる。また、2007年春の導入に先駆け、10日から「EZfactory」にて、仕様が公開されている。
(2006.10.10/RBB TODAY)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-10 17:03 | 周辺機器  

<< アールモード、ヘアケア商品販促... メールマガジンが動画になったイ... >>