ハッキングされたGoogle公式ブログ



 米Googleの公式ブログが10月7日夜にハッキングされ、偽情報が書き込まれた。書き込みは、同社AdWordsの「click-to-call」テストを中止するという内容だった。click-to-callは、Google上の電話アイコンをクリックし、自分の電話番号を入力すると、広告主と無料で電話をつなぐというサービス。

 同社は、自社のブログサービスであるBloggerのバグが原因と説明。バグはすぐに修正されたとしている。

 Googleは即座に偽の書き込みを削除し、同ブログ上で偽書き込みがあったこと、click-to-callテストの中止はスケジュール通りに進んでいるとの書き込みを10月8日付で掲示した。

 偽書き込みがされる直前の10月6日付のブログが、同社がどれだけセキュリティに力を入れているかという内容だっただけに、今回のハッキングは少々「恥ずかしい」ものとなったようだ。

(2006.10.10/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-10 14:12 | インターネット総合  

<< MySpace創業者の言い分、... Firefox 2 RC 2が... >>