10月の月例パッチで「Windows XP SP1」のサポートが終了



 マイクロソフトは、Windows XP SP1のセキュリティ更新プログラムのサポートが10月10日(日本時間10月11日)に終了するとして、Windows XP SP1のユーザーに対して早期にWindows XP SP2にアップグレードするよう呼びかけている。

 Windows XP SP1は、Windows XP SP2がリリースされてから24カ月がサポート期限とされており、24カ月を過ぎた次の月例セキュリティパッチのリリース日が最終的なサポート期限となる。このため、日本時間10月11日にリリースされる月例パッチをもって、Windows XP SP1に対するパッチのリリースは最後となる。

 今後、11月以降にリリースされる月例パッチからは、Windows XP SP1はサポート対象外となり、新たなパッチは提供されない。このため、マイクロソフトではユーザーに対して、できる限り早期にWindows XP SP2への移行を推奨している。
(2006.10.6/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-07 06:08 | インターネット総合  

<< 総務省、無線LANの混雑を解消... ビットレイティングス、携帯検索... >>