ビットレイティングス、携帯検索でウィキペディア表示


 携帯電話向け検索サイトのビットレイティングス(東京、佐藤崇社長、03・3515・3955)は、自社の検索エンジンの検索結果に利用者参加型の百科事典「ウィキペディア」の情報表示を始めた。人気の高いウィキペディアに対応することで、他社エンジンとの差異化を図る。

 特定のキーワードを入力してサイトを検索した際にウィキペディアに記述があれば、検索結果の一つとしてウィキペディアの該当ページを表示、簡単に接続できるようにした。これまで携帯電話の検索サイトではウィキペディアの内容が表示されることがほとんどなかったという。
(2006.10.6/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-06 18:28 | インターネット総合  

<< 10月の月例パッチで「Wind... KLab、携帯向けコンテンツ共... >>