「光」並み高速ネット普及へ、NTT通信網開放・総務省方針


 総務省は5日、電話線と光ファイバーを組み合わせた超高速インターネットサービスについて、従来できなかった家庭などでも利用できる環境を整備する方針を固めた。NTTの電話線と光ファイバー網をNTT以外の事業者にも開放し、光ファイバー並みの高速通信の利用を広げる。総務省は来年7月から実施する意向だ。

 NTTは2010年ごろに光ファイバーを全国に敷設する目標を立てているが、それまでの間は既存の電話線も活用してブロードバンド(高速大容量)の普及を推し進める。このサービスはソフトバンクがすでに実証実験をするなど参入に意欲を示しており、NTT東西の光ファイバーに対抗する構えだ。(2006.10.6/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-06 18:16 | インターネット総合  

<< 日本CA、問題を自動的に検出し... スタバが店舗数目標を4万店に引... >>