ACCESSとソフトバンクモバイル、共同開発契約を締結



 ACCESSは10月5日、ソフトバンクモバイルと各種ソフトウェアに関する共同開発契約を締結したことを発表した。これに伴い、ACCESSとソフトバンクモバイルは、ソフトバンク携帯電話向けの各種ソフトウェアを共同開発する。

 同契約に基づき、10月7日発売予定の「SoftBank 910T」「SoftBank 810SH」「SoftBank 811SH」をはじめ、今後発売予定の「SoftBank 910SH」「SoftBank 810T」「SoftBank 811T」に、ACCESSの次世代携帯端末向けブラウザ「NetFront Browser」と、メールソフト「NetFront Messaging Client」が搭載される。

 「NetFront Browser」により、PC向けサイトが閲覧できる「PCサイトブラウザ」、待ち受け画面にリアルタイムで情報を表示する「ライブモニター」、コンテンツ自動配信サービス「S!キャスト」の各機能が搭載。また、「NetFront Messaging Client」により、「S!メール」の新機能「アレンジメール」および「フィーリングメール」が提供される。

 同社は今後も、次世代携帯電話に向けたサービスを実現するソフトウェアを、順次提供していく予定だという。

(2006.10.6/ITmediaエンタープライズ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-06 16:13 | インターネット総合  

<< あの“NHK 時計”が Blo... モバイルで買い物急拡大 楽天リ... >>