Googleガジェットが自分のWebページに設置可能に



 米Googleは、Google Desktop用のミニアプリケーションであるGoogleガジェットをユーザーのWebページで利用可能にした。

 例えば「Date & Time」というガジェットを張り付けると以下のようになる。

 ユーザーは「Google Gadgets For Your Webpage」から好きなガジェットを選択し、「Add to your webpage」ボタンをクリックして表示設定をカスタマイズすると、自分のWebページに張り付けるためのHTMLコードが生成される仕組み。そのコードを自分のWebページに組み込むことで、カレンダーや単位変換、時計をはじめとする各種モジュールを表示させることができる。

 Googleガジェットアーキテクトであるアダム・サー氏は「自分のWebページにGoogleガジェットを追加できるようになったことで、デベロッパーと熱心なコンシューマーを結びつけ、情報を広くアクセス可能にして個々のユーザーにとって使いやすくするために取り組んでいる」と述べている。


(2006.10.4/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-04 15:06 | インターネット総合  

<< 「水道の蛇口のように音楽を」─... シーテックジャパン開幕 ブルー... >>