アップル、Mac OS X 10.4.8をリリース



 アップルコンピュータがMac OS Xのアップデータ10.4.8を公開した。パッケージはMac OS X 10.4.7用の「Delta」とMac OS X 10.4以降用の「Combo」があり、Intel CPU用とPowerPC用のMac OS XおよびMac OS X Server(後者はDeltaのみ)が用意される。

 とくにIntel CPU用のアップデータはファイルサイズが大きく(Deltaで約206Mバイト、Comboで約294Mバイト)、修正内容は多岐にわたる。

主なアップデート内容は以下のとおりだ。

・ファイル名に韓国語/中国語が付けられた書類の印刷不具合解消
・Microsoft WordでのOpenTypeフォントをサポート
・Rosettaのパフォーマンス向上
・デジタル一眼レフカメラのRAWフォーマット対応向上
・AirMacがEAP-FASTをサポート
・USBハブとの互換性向上
・USB機器のサポート改善

 一方、セキュリティアップデート(Security Update 2006-006)は、WebKit、CFNetwork、Cyrus SASL、Flash Player Plug-in、QuickDrawの信頼性とセキュリティ強化が行われており、アップルではすべてのユーザーに対して適用を推奨している。

 なお、いずれのファイルもMac OS Xの「ソフトウェア・アップデート」機能を利用するか、アップルソフトウェアアップデートのページで入手できる。

(2006.10.3/+D PC USER)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-03 05:28 | インターネット総合  

<< デジタルTV向けポータル「アク... ネットテレビ サービス開始へ >>