Zune、米国での発売は11月14日――MSが公式発表


 米Microsoftは9月28日、デジタルメディアプレーヤー「Zune」を、米国で11月14日、249.99ドルで販売すると発表した。クリスマス商戦に間に合わせた形だ。


 iTunes Store対抗として同社が提供する音楽配信サービス「Zune Marketplace」の定額会員制プラン「Zune Pass」は、月額14.99ドル。1曲ずつの購入も可能で、「Xbox Live Marketplace」で利用されている「Microsoft Point」が使える。1曲の購入に必要なポイントは79ポイントとなる。

 また車内などでの利用に便利なアクセサリ類の価格は、19.99ドルから99.99ドルに設定された。

 Zuneには出荷時に、約10曲の楽曲、約10種類の音楽ビデオ、ショートフィルム3本、壁紙に使えるさまざまな画像が記録されている。

 Appleが9月12日に発表した第5世代新iPodの30Gバイト版は249ドル。容量が同じ30GバイトのZuneを同じ価格帯に設定することで、Microsoftは真っ向から勝負に挑む。

(2006.10.2/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-10-02 10:04 | 周辺機器  

<< 日立製作所、経産省「響プロ」開... 音楽ネット配信、著作権柔軟に・... >>